ダイエット失敗の心理

体重を心配する女性

ダイエットが失敗してしまうのは心理的な問題もあります。
例えば「朝食と昼食を抜いて一日一食にする」ダイエットを始めたばかりにも関わらず、実行が難しいメニューを組んでしまうとダイエットは難しくなります。
自分に厳しいノルマを課すこと自体は悪いことではありません。
しかし、それを実行できなかった場合は自分自身を責めるようになってしまいますので、おすすめできません。

次にワンパターンなダイエットも失敗の確率が高いので避けましょう。
具体的に言うと「○○だけを食べていれば痩せる」といったダイエット法です。
いつも同じものを食べ続けたり、飲み続けることで飽きてしまいダイエットが失敗します。
「今日だけは違うものを食べよう、明日からまた再開すればいいや」と、ダイエットからズルズル離れていってしまうパターンです。

オーリスタットは自分の好きな食事を食べながらダイエットができる画期的な薬です。
脂肪分だけを体の外へ排出するので、これといって何かをする必要もありません。
忙しくてダイエットの割く時間が取れない、従来のダイエット法ではなかなか体重が落とせない人に向いている薬です。
オーリスタットは海外で、肥満治療薬として処方されている薬で、高い効果を上げています。

オーリスタットを服用するときの注意点は「用法と用量を守り、適切に服用すること」「オーリスタットを飲んでいるからといって暴飲暴食をしないこと」です。
ダイエットのサプリメントを使っても痩せない人は「このサプリを飲んでいるから、食べても大丈夫だろう」と、普段よりも多く食べて飲んでしまう傾向があります。
肥満治療薬のオーリスタットであってもそれは同じです。
いくら効果の高い薬をのんでいても、暴飲暴食を繰り返してしまうと、ダイエットも効果は低くなってしまいますので、食生活や生活習慣を見直しながら服用しましょう。