サウナと糖質0ビールに加えオーリスタットで痩せる

サウナに入ると痩せるわけではなく、水分が一時的に抜けるだけです。
つまり、体脂肪の量は変動していないということになります。
ただ、サウナがダイエットにとって全く無意味なわけではありません。

サウナには、デトックス効果があります。
汗を流して体に蓄積された老廃物を排出させることが出来ます。
老廃物の内訳は、有害なミネラル、食品添加物などの有害物質、などです。
これらが汗とともに排出されることで、血行が良くなり、痩せやすい体質になる効果が期待出来ます。
ダイエットのポイントは発汗して、血流を良くするということです。

サウナに入った後には、失われた水分は必ず補給しましょう。
せっかく体重が減ったからといって水分をとらない人がいますが、血液の粘度が上がっていて危険なので、必ず水分補給をしましょう。

サウナと並んでダイエット効果の是非が問われるのが、糖質ゼロビールです。
脂肪を増やす原因になる糖質がゼロなので太らないという理屈ですが、健康増進法の栄養表示基準では、100mlあたりの糖質含有量が0.5g未満の場合には、糖質ゼロと表記して良いことになっています。

糖質ゼロのつもりでガブガブ飲んでいたビールでも、糖質が含まれていた可能性があるので、飲みすぎには注意が必要です。
また、糖質ゼロビールでもカロリーはあります。
飲みすぎればカロリーオーバーの原因になるので、過剰なアルコールの摂取は控えるようにしましょう。

薬系のダイエットでは、食欲抑制や栄養吸収阻害、脂肪燃焼、などがあります。
この中で、脂肪吸収阻害薬であるオーリスタットは、副作用が少なく安全に使える薬と言われています。

オーリスタットは肥満治療病院の処方薬としても使われています。
食事制限によるストレスを減らしたい人は、オーリスタットを使ってみると無理なくダイエットすることが出来ます。