オーリスタットは痩せた後にも効果がある

水を飲む肥満女性

オーリスタットとは、肥満治療の薬として知られるものです。
主な薬効は腸管内に存在するリパーゼに作用することで、リパーゼが持つ脂肪の吸収作用を阻害し、脂肪が体内に残らないように排泄していくという効果があります。
それに伴って人体は体内に存在する脂肪を利用してエネルギーとするため、体重減少を促すことが可能となります。

そのようなオーリスタットは、痩せる前にはもちろん、痩せた後でも効果があるとされています。
人間の体脂肪率は低い人でも10%前後、女性の場合では20%付近となっていますが、それだけ体内に脂肪があるという事ですので、オーリスタットの効果によってさらに減少させることが可能なのです。
脂肪が新たに体内に入らないという事はそういった残存している脂肪を利用する方法しかありませんので、非常に効果的です。
ダイエットの中で、最後の追い込みにも有効活用できるのがオーリスタットだと言えます。

しかし、痩せすぎによって女性であれば生理が止まってしまったり、基本的に筋力のほうがカロリーを使用するため、脂肪がなくても食欲が大きく減るわけではないという事を覚えておきましょう。
また、脂肪だけでは疲れやすくなる事も懸念されます。
また、オーリスタットが持つ副作用として、脂溶性ビタミンの吸収阻害と、排便量の増加に伴って生じる排泄コントロール能力の低下があります。
それ以外の身体症状はないものの、ビタミンに関しては夜盲症や神経症状を引き起こす可能性があるので、サプリの服用により予防が必要と言えます。
こういった作用はある物の基本的な安全性はアメリカの研究で証明された薬ではあるので、もしも欲しい方は、個人輸入によって自己責任で購入する事となる事を理解して購入を検討するとよいでしょう。

サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ